100年以上の歴史があるドイツの掃除機メーカー「Nilfisk(ニルフィスク)」の家庭用2wayスティック&ハンディクリーナーを実際に使ってみました。購入者からのレビュー評価がとても高く、デザイン・吸い込みパワーともに人気の掃除機です。

このニルフィスクの家庭用掃除機は日本ではベルメゾンネット独占販売ということでなかなか手に取ることができない状態です。

ですので、しっかり使ってみました!

ニルフィスクの業務用掃除機は楽天市場などでも多数販売されているのですが、家庭用は全く日本国内で正規品販売が今までありませんでした。

ニルフィスク ハンディクリーナー商品写真

今回使ったのは「充電式スティック&ハンディクリーナー」。
本体価格は19,800円とコードレスでスティック掃除機として、そして本体からポコッと外れる部分だけを使うとハンディクリーナーとして活躍します。

スティックタイプの掃除機においては1万円以下は”簡易なもの”との相場感があるので、約2万円の値段がついているこのNilfisk(ニルフィスク)ハンディクリーナーは本格派の部類に入る掃除機です。

一般の充電式掃除機より強い、吸引力25.2V、吸引風速19m/s

日本のスティック型クリーナーではほぼ発表されない、吸引パワーについても数字できっちり表示されています。
25.2Vと、かなり高い吸引力です。

※[参考]エレクトロラックスのスティッククリーナーは18Vです。

ニルフィスク充電式スティッククリーナーのヘッド写真

吸引についての数字が発表されているということは、「吸引力が同レベルで持続する」ことも証明されているとも言えます。

充電式クリーナーの場合は充電が満タンに近いときはすごく吸うけれど、充電と同じようにみるみる吸引力が減るものも多くありますよね。。

それが吸引力を数字であまり発表しない理由のひとつにもなっていると思うので、ニルフィスクは安定した吸引を期待できる掃除機、と言えます。

細かく動くヘッド、LEDライトは超便利!

ニルフィスク スティッククリーナーのLEDライト写真

こんな発想あったんだな~~と感心、そして全部の掃除機につけてほしい!と思ったのがヘッドについているLEDライト

Nilfiskハンディクリーナーのヘッドはかなり自由に動くのですが、ベッドやソファの下など暗いところや階段など陽が入りづらいところの掃除は汚れが見えないのでついつい何となくになってしまいますが、はっきり見えることで、掃除モレが少なくなります。

そして何より見えやすいのはストレスを軽減してくれるのもよくわかりました。
どうしても暗いところ、影になるところの掃除はストレスが多くなりがちですが、明るくなるだけでずいぶん楽でした。

5時間充電でハイパワーモード20分連続運転OK

ニルフィスクハンディクリーナー本体写真

ハイパワーモード20分、通常モード40分の連続運転が可能。
充電池の種類はリチウムイオンタイプ(lithium battery)。

充電式のクリーナーの電池としていちばん使い勝手が良いと言われるリチウムイオンパッテリー搭載で、充電したあとに使わず置いておいても放電が少なく、継ぎ足し充電も可能。何回充電できるとは明記されていませんが、通常であれば500回ほどが同じように充電可能とされています。

ただ、この充電池だけの販売は今のところベルメゾンでは対応していないそうなのですが、まだ販売して間もない時期なので仕方ないかなぁと思っています。今後の販売に期待です。

Nilfisk 充電式スティック&ハンディクリーナーの正規品を日本で買えるのはベルメゾンだけ

icon
icon
充電式スティック&ハンディクリーナーicon
■価格:18,953円(税抜)
■購入者のレビュー評価:4.0(5点満点、2014年4月現在)