しるくまカフェは、マグカップとお湯があれば食べられる、即席のお汁粉です。
形がめちゃ可愛くて…味もとってもおいしいです。

しるくまカフェ

このクマの形をした最中(もなか)にお湯をかけると、お汁粉が出来上がります。
ちょっとかわいそうな気もしますが、お風呂に入っているイメージで作ったのだそうです☆

味は4種類があって、詰め合わせ。
どれもほどよい”和”な感じがあって、甘いんですがさわやかさもある、体が温まるような、ホンワリとする味です。とても美味しいですよ♪

しるくまカフェ

パッケージも可愛いので、そのまま手土産にも。
8個入りで2,380円。1個あたり約300円ほどの価格です。

ちょっと自分用にと思うと高いかもしれませんが、カフェのコーヒーよりは安いので、ちょっとした集まりや、癒し時間のお楽しみ用に♪
かけるお湯も80mlと少なくて済むので、沸かすのも早い。食べたいと思ったらすぐ食べられるのが魅力です。

金沢麩の老舗「加賀種」で作られた最中(もなか)の中に汁粉が隠れているのですが、この最中(もなか)がモチモチとして美味しく、ボリュームもアップさせてくれています。

加賀種食品工業は、最中種(最中皮)に代表される「もち米を原料とした菓子種」の専門メーカーです。公式HPには可愛い麩や最中がたくさん!>>最中種(最中皮[もなか])の加賀種食品工業株式会社

最中(もなか)の原材料は、もち米なので、お湯に溶かして食べると、”ちょっとふわっとした餠”の食感です。
餠と白玉の間くらい?ですね♪なかなかにボリューミーです。

味1:北海道小豆と栗の焦がししるこ

北海道の小豆と栗が入った、濃いめの甘さを楽しむ汁粉。

味2:仙台名物ずんだしるこ

つぶつぶ小豆が入っていて、爽やかな甘みのクリーミーな汁粉

味3:京抹茶しるこ

人気の抹茶ミルクに近い味わい。京都の抹茶の香りがよく、アラレも入った大人味。

味4:鹿児島芋と栗のしるこ

イモとクリの黄金コラボ♪おいももツブツブと形の残った状態で入っています。

2011年、2012年はあっという間に完売!
人気商品なので、購入はお早めに♪

▼商品詳細、購入はこちらから▼
しるくまカフェicon
◆価格:2,380円
◆内容量:8個(4種類×2)

この「しるくまカフェ」は、ベルメゾンのマンスリークラブの商品です。
昔でいう頒布会ですが、1回の配達だけでよければ、管理画面から「ストップ」にすると、1箱だけ購入できます。